映画127時間

映画127時間を見ました。


感想:感謝と喜びと痛みで咽び泣く映画

into the wild といい、レヴェナントといい、自然に取り残される映画はどれもしんどい描写が多いのですが、その中でも最もしんどい部類に入る映画だった(主に腕が)

 

ただ、into the wildやレヴェナントではワクワク感や壮大な自然の美しさを感じる余裕があったけど、こちらは主人公のしんどさをひたすら感じました。まあ、岩に挟まってたら自然の美しさなど言ってられないだろうし。

 

詳細は書きませんが、一番印象に残ったシーン。あのシーンではありません。

 

主人公は絶望的な状態で、宇宙の始まりから今までの自分の人生での行動の全てが、大地の裂け目で岩に挟まれることに繋がっていた、と悟るシーンです。

 

この岩はここで僕が落ちるのを待っていたんだ、と。

 

ここで、主人公と同じように、自身が運命の全ての責任を負っているという事実を、観客は思い出します。秀逸なシーンだったと思います。

 

例の腕を切り落とすシーンも、傷口はぎりぎり見せないで、痛みを想像させるような手法が秀逸でしたが、この映画の核心は、主人公が自身の運命を自身が担っていると気づくこと、そして限界状態でまだ見ぬ子供や家族の幻覚を見て、覚悟を決めるところにあると思います。

 

見終わった後には、生きていることのありがたさを感じ、また人に会えるんだ!と救出されたアーロンと同じように、疲れと安堵と喜びで泣いてしまいました。

 

彼が、極限状態で見た幻覚や、運命の描写がなければ、ただのグロい脱出劇で終わっていただろうから、制作陣はアーロンのことを理解し大切に作った映画なのだな、ということが分かりました。生きてて良かった!

映画127時間

映画127時間を見ました。


感想:感謝と喜びと痛みで咽び泣く映画

into the wild といい、レヴェナントといい、自然に取り残される映画はどれもしんどい描写が多いのですが、その中でも最もしんどい部類に入る映画だった(主に腕が)

 

ただ、into the wildやレヴェナントではワクワク感や壮大な自然の美しさを感じる余裕があったけど、こちらは主人公のしんどさをひたすら感じました。まあ、岩に挟まってたら自然の美しさなど言ってられないだろうし。

 

詳細は書きませんが、一番印象に残ったシーン。あのシーンではありません。

 

主人公は絶望的な状態で、宇宙の始まりから今までの自分の人生での行動の全てが、大地の裂け目で岩に挟まれることに繋がっていた、と悟るシーンです。

 

この岩はここで僕が落ちるのを待っていたんだ、と。

 

ここで、主人公と同じように、自身が運命の全ての責任を負っているという事実を、観客は思い出します。秀逸なシーンだったと思います。

 

例の腕を切り落とすシーンも、傷口はぎりぎり見せないで、痛みを想像させるような手法が秀逸でしたが、この映画の核心は、主人公が自身の運命を自身が担っていると気づくこと、そして限界状態でまだ見ぬ子供や家族の幻覚を見て、覚悟を決めるところにあると思います。

 

見終わった後には、生きていることのありがたさを感じ、また人に会えるんだ!と救出されたアーロンと同じように、疲れと安堵と喜びで泣いてしまいました。

 

彼が、極限状態で見た幻覚や、運命の描写がなければ、ただのグロい脱出劇で終わっていただろうから、制作陣はアーロンのことを理解し大切に作った映画なのだな、ということが分かりました。生きてて良かった!

好きな音楽

このブログは、好きなものについて書くブログにしようと思う。

自分はデザイン系の学生なので、そういった方面の話が多くなりそう。

とりあえず好きな曲リストアップ。

 

音楽

Sigurros

・Lucy Rose

Joni Mitchell

Radiohead

Eminem

・Sam Smith

Bjork

Coldplay

・Daughter

・Boniver

・James Blake

Feeder

Gorillaz

the HIATUS

アジカン

サカナクション

フジファブリック

toe

エルレ

・Cuushe

ハナレグミ

Fishmans

Suchmos

星野源

くるり

キセル

 

北欧系、イギリス系多め。洋楽だとフォークが好き。シガーロスには、周りに語れる人がいないのだけどめちゃくちゃ影響受けております。一度アイスランドに行ってみたい。Coldplay、Lucy RoseとかBon iverとか、冬になると聴きたくなる曲が好きなのかも。内向的でエモーショナルな音楽。

 

邦楽は世代がなんとなくわかりますね笑。意外とメジャーどころばかり。中高通して聴いてるのはアジカン大先生。あと、エルレガーデン。もはや聴きすぎて全部歌詞覚えてます。The HIATUSは本当に大好きなバンド。これも冬になると聴きたくなる系。細美さんがエルレではクリスマスソングをロックにしたものをやっているってインタビューで言ってたのを聴いて、だから好きなのか、と思った記憶が笑。エスニックとか民族的なテイストがある曲が好きです。

 

ハナレグミFishmansも大好き。レゲエやエスニック、アフリカンミュージックから影響受けてて、裏拍のリズムがゆるくて夏っぽい。自分も少しジャンベを叩いているのでなじみある曲たち。星野源も、ブラックミュージックと日本の音楽をミックスしたイエローミュージックというコンセプトを生み出していた。知れば知るほど黒人は偉大。レゲエもヒップホップもラップもジャズもブルースも全部黒人がルーツ。

 

最近だとYogee New Wavesとか、Jaba Da Hutt Footballclub、Suchmos、Never young Beach。最近の邦楽はオシャレでセンスがいい曲が本当に多いと思う。似たようなテイストではあるけど、少し気が抜けてるけど踊ろうぜという感じ。

 

あとおすすめなのは、Cuushe。


Cuushe 'Airy Me'

 

アニメーションが天才的。手書きでここまでかけるのは久野さんしかいないと思います。Cuusheの世界観と合わさって幻想的なMVになっています。

 

とりあえず大好きな音楽たちをバーってあげてきました。なんとなく人柄?が分かるかな。傾向も。書けなかったものも今度じっくり書いてみたい。

 

旅行したい

細美さんのブログのネパール旅行記を読んで、いいなぁ旅に出たいなぁと感化されてた。そう言えば、自分でも驚くんだけど海外に行ったことはないし最近は就活という時期でもあって旅行のりの字も思いつかない。

 

特に北欧(フィンランドアイスランド)にはずっっっと行きたいと思っていて、次にカンボジアとかタイとか。こっちは学生のうちに行くべきかもしれない。

 

渋谷でやっていた、マリメッコ展を見に行って、特に脇坂克二さんのデザインに心を惹かれた。
f:id:shirokumamemoblog:20170226055529j:imagef:id:shirokumamemoblog:20170226055533j:image

なんと、マリメッコにいたのち日本でSOU・SOUを始めたらしい。知らなかった

 

アイスランドの音楽やフィンランドのファブリック、デザインが本当に好きだ。それが北欧に行きたい第一の理由。sigurrosやbjrokを生んだ風土を肌で感じたいと思った。

はじめに

2017年2月26日朝5時50分!

心機一転、ブログを始めました

せっかくだからデザインや趣味のことを書いていこうと思います

 

このブログを見てくれる知らない人、知ってる人、よろしくお願いいたします