平凡な異物

無個性といわれることもあるし、異物のように扱われることもある。どちらにしても自分がこの場にそぐわないような居たたまれない気持ちになる。僕は平凡な異物なのである。

 

ある先生には、真似できない独特なやり方でデザインしていると言われる。ある先生にはイラストレーターよりデザインする意識が見える。イラストにはもっと独自性が必要。と言われる。ある先生には絵に人を惹きつける強さがないと言われる。中途半端なこぎれいは誰でもできる。ものすごく綺麗なら話は別だけど。と言われる。


これだけ絵を描いてきて、独自性がないと言われるのは、本当につらい。じゃあ自分は何なんだろう、と思う。自分のやってきたことは何だったんだろう。