雪解け

悲しいことがあった過去も、春の雪解けのようにいつかはなくなり、透明な冷たい水が心を流れる。楽しかった記憶や一緒にいて幸せだったことをフィルムのような淡さで眺めては、今では心地よい光に包まれた思い出になっていることに気づく。幸せもあのような形でおわりを迎えるのはさびしいけど、それでもまた幸せは訪れる。